MSDS
アクラーホモポリマーフィルム
アクラーコポリマーフィルム
異なる言語のMSDSが必要な場合はHoneywellMSDS.comをご覧ください

Aclarについて

40年以上もの利用実績がある医薬品パッケージングのクリアな選択

透明なポリクロロトリフルオロエチレン(PCTFE)フィルム:

  • あらゆる気候区域において、製剤のバリア特性や有効期間に対して高まる厳しい要件に適合
  • 柔軟かつ効率的な熱成形パッケージング・プラットフォームのご利用が可能
  • 着色PVC, PP, EVOH等を含む各種の基板と簡単に貼り合わせることができ、必要に応じて酸素・光に対するバリア特性を付加

Aclarフィルム特性:

  • あらゆる透明な熱可塑性フィルムの中で、最高の防湿バリア特性
  • 生化学的不活性と耐薬品性
  • 可塑剤・安定剤不使用
  • 他の熱成形フィルムと同じ範囲の加工条件

Aclarグレード

お客さまのニーズに最適なAclar製品をお選びいただくため、当社の専門家からなるテクニカルチームにお問い合わせ<リンク>ください。

Aclarフィルムには幅広い防湿特性グレードがあり、お客さまの医薬品用途に応じて適切なバリア特性をお選びいただけます。Aclarフルオロポリマーフィルムはすべて、FDA 規定 #21 CFR 177.1380, Drug Master File #1578に準拠しています。

ダウンロード

こうしたAclar利用ガイドは、お客さまが様々な技術面での課題やビジネス面での決定を解決する上での参考としてお使いください。

Aclarフィルム熱成形ガイドライン

高品質Aclarブリスター製造時に従う推奨ガイドライン

Aclarフィルム用のツールデザイン・ベストプラクティス

このベストプラクティスに従うことで、お客さまの最終パッケージのバリア特性を最適化し、有効期間を延長

分子シート要覧

最も一般的に規定された特定分子のパッケージング用要覧

Aclarフィルム UltRx 6000 テクニカルガイド

Aclar UltRx 6000フィルムによるラミネートを用いて、超高防湿バリア・ブリスターのデザインと熱成形を成功させる方法

偏光フィルム利用説明書

簡便かつ非破壊的な定性試験で、お客さまのブリスターで生じるいかなる歪みも見極め、熱成形やシーリング直後にも使用可能

製品の標準特性:

ハネウェルは幅広い厚さのAclarフィルムをご提供しております。お客さまの用途に適した製品をお選びいただくことで、性能と経済性のバランスを最適化いたします:

Aclar UltRx 6000 (6.00 Mil/152µ)
Aclar UltRx 4000 (4.00 Mil/102µ)
Aclar UltRx 3000 (3.00 Mil/76µ)
Aclar UltRx 2000 (2.00 Mil/51µ)
Aclar SupRx 900 (0.90 Mil/23µ)
Aclar Rx20e (0.78 Mil/20µ)
Aclar Rx160 (0.60 Mil/15µ)

Aclar-医薬品パッケージングにおけるクリアな選択

パッケージングの要件とソリューションは地域によって様々です。お客さまの現在使用しているパッケージプラットフォームが、Alu/Alu(両面アルミ)、ボトル容器、アルミピロー包装を用いた二次包装、、等のいずれであっても、Aclarフィルムの採用により、コスト節約/オペレーション効率化、差別化、ブランド強化などを実現できることに気づかれるはずです。

お客さまは、Aclar®フィルムによって、効率的で柔軟な熱成形プラットフォームを手に入れ、最大55%までのパッケージサイズの削減が可能になり、以下の効果を期待できます:

お客さまの製品発売目標の達成:

  • お客さまの最新の感湿性医薬品と新しいドラッグデリバリーシステムの保護
  • 規制の安定性試験を予定通り、予算内で確実に合格
  • 有効期間の最適化
  • ICH気候区域Ⅳを含め、あらゆる気候帯においてパッケージングを標準化し、輸出事業やそうした地域での現地生産に対応

高い防湿性能による、脱アルミピローバッグ

  • 有効期限をブリスターカードに印刷可能
  • 薬局や患者が残りの製品有効期間を簡単に把握することが可能

薄さによる、優れた押し出し性

  • Aclar フィルムラミネートは、あらゆる気候帯で他の熱成形材料の性能をしのぎ、その薄さによって押し出し性を高めることが可能

コンセプトから発売までワールドクラスのサポート

ハネウェルのグローバルチームが、バリア予測や安全性試験のサポートから、パッケージング・ライン最適化や経済性分析まで、幅広いサービスでお客さまをサポートします。

詳しくは、テクニカルサポートガイドまたは概要パンフレットをダウンロードいただくか、ハネウェルにお問い合わせください。

提供サービス:

ブリスターパッケージと金型最適化:ハネウェルのテクニカルチームは最新ソフトウェアを用いて次のサービスをご提供:

  • ブリスター単位当たりの錠剤密度を最大化するブリスターパックデザインの開発
  • 金型の最適化を確認するためのデザイン見直し

バリア予測と安定性試験のサポート:当社のバリアパッケージ分析研究所は、以下の分野でお客さまに協力いたします:

  • ICH コンディション下の材料スクリーニング
  • バリア材料の選択と理論バリア計算
  • パッケージ性能不足の危険性を指摘する(吸湿による)重量増加テスト
  • カスタマイズされたバリア特性研究(防湿および防酸素)

オペレーションサポート:パッケージデザインや最初のライン試験から製品発売に至るまで、お客さまのパッケージング・ラインを最適化:

  • 熱成形ワークショップ
  • ラインとプロセスの最適化
  • 個別のトレーニングプログラム(お客さま、あるいは当社の工場)

オペレーションサポート:パッケージデザインや最初のライン試験から製品発売に至るまで、お客さまのパッケージング・ラインを最適化:

  • 熱成形ワークショップ
  • ラインとプロセスの最適化
  • 個別のトレーニングプログラム(お客さま、あるいは当社の工場)

経済性分析 – 複数の工場における各薬剤および薬剤ポートフォリオ全体の分析

  • パッケージングに関わる総コスト算出
  • パッケージングコストの削減機会を特定
経口錠剤のブリスターパッケージング-製薬業界と患者の連携に対する挑戦

製薬業界が課題に対処する上で、ブリスターパッケージングはますます重要な要素となっています。熱成形フィルムは、利害関係者すべての要求に応える、ブリスターパッケージデザインの最適化を可能にします。患者のニーズへの理解と適応に基づいた決定を下すことができ、同時にパッケージオペレーションにおける生産性を顕著に向上させる機会を得ることができます。

超高防湿バリア熱成形パッケージングにより、製薬会社株主の複雑な要求に応える

医薬品を成功裏に上市するためには、様々に異なる幅広いニーズにバランスよく応じなければなりません。グローバライゼーションにより、より長い有効期間、サプライチェーンの簡素化、より大規模な生産能力が求められています。

遅れを避ける-ブリスターの安定性をどのように確保するか?

パッケージの信頼性は医薬品の上市を成功させる鍵となります。このホワイトペーパーは、バリアフィルムに関する指針となる3つの原則を網羅しており、失敗のリスクを低減し、安定性試験に合格するために必要なバリア性能を理解し、過剰なパッケージと上市時期の遅延のリスクを避ける面で役立ちます。

Aclar FAQ

Q: ハネウェルはどのようなサービスとサポートを提供していますか?

A: ハネウェルは幅広いサービスを提供しています;当社の目標は製品コンセプト開発ステージから発売ステージまでをサポートすることです。当社は、ツールの設計、安定性試験、バリア性能と費用の見積もり、パッケージングデザインなど、幅広いサポートを手がけています。パッケージの問題を解決するため、当社にご相談下さい。

さらにFAQを読む